チェコの旅で出会った日本茶は!
この夏、イタリアとチェコに行ってきた。
目的は、海外の芸術、デザインをこの目でみる、感じる。
それから私はただただ写真を撮りたい。

というわけで、子どもらを母と妹に預けて9日間の旅に出る。
(旅のことや写真のことは tami-photo.com を見てね!)

ヨーロッパの店舗やパッケージデザインも気にかけて見て回ったけれど、
観光地はやはり観光客向けのありきたりのものばかり。なかなかいいなと思えるものに出会えない。
しかし旅の最後に運良く行くことができたのがチェコ・プラハの日本茶専門店 TEA MOUNTAIN 。

たまたまプラハに滞在中、フェイスブックでプラハの事をアップしたら、熊本芦北のカジハラ茶の梶原さんからメッセージが!
「当園のお茶を扱っているお店がチェコにありますよ」と!
どんな風に日本のお茶が扱われているのか見たい。これは絶対に行くしかない。

その日は日本に帰る日。特に予定を入れていなかったので、時間はある。
住所がFBに届く 『488 /115 Praha』
さすがはGoogle 先生!『488 /115 Praha』だけで道順を教えてくれた!
徒歩だと45分 バスだと30分。
近い!歩こう!
初日から一日中歩きっぱなしの私たちにとって、徒歩45分なんてなんてことない。

てくてくホテルから歩く。街の雰囲気も変わりここは落ち着いたビジネス街といった感じ。
旅はやっぱり歩くに限る。
こういう普通の街の風景がとても新鮮。

どうやらついたらしい。TEA MOUNTAIN

d0154268_16101337.jpg

































d0154268_16101683.jpg
















中に入ると、常連さんかな。カウンターでお茶のこと、いろいろ話しているみたい。
私たちに気づいて、にっこり「Hello! こんにちは」と。

d0154268_16101923.jpg
















とても気のいい店主。彼の名はマーチン。

d0154268_16103106.jpg

































なんでも、九州にやってきてお茶の生産地を回ったという。
そういえば、梶原さんから新茶のシーズンに遠く異国から茶園を訪ねてきた外国人がいたと聞いていたなぁ!
彼がその人?!
そう、彼がまさにその人だった。
彼は車をレンタして九州中を回りお茶を巡る旅をしていた。
そして熊本芦北のカジハラ茶園を訪ねたという。
素晴らしい場所だったと話してくれた。自らの目で見て、生産者と話をし、確かな商品を手に入れているのだという。

神奈川出身で旅しているという女性がお店に入ってきた。
マーチンは丁寧に日本茶の説明をしている。
その女性は九州にこんないいお茶があったなんて知らなかったと感心するばかり。

d0154268_16102879.jpg
















●玉緑茶のメニュー 「釜炒り茶 伝承(カジハラ茶)」があった!


d0154268_17365889.jpg
















●台湾、九州のお茶がずらり センスがとてもいい!!


こんな風に、水俣芦北のお茶は海外からもとても評判が良い。
マーチンは「梶原さんはとても正直な人だ。」と言っていた。
カジハラ茶だけでなく、水俣四天王と呼ばれる人たちのお茶は海外でとても重宝されている。
紅茶の国イギリスでも水俣の和紅茶が飲まれている。

カジハラ茶のパッケージを僕らがリニューアルするよ!と夫が話したらとてもびっくりした様子で、楽しみししているよ!と、マーチン。

店内も、日本人の建築家に設計してもらったという。
とても居心地の良いセンスの良い空間だった。

d0154268_16105493.jpg
















やっぱり、商品や店作りは人柄が出るのだなぁ。

それにしても旅の終わりにいい出会いがあって良かった。

今年は秋に水俣で「全国地紅茶サミット」が行われる。
どんどん水俣茶の知名度が上がっていっている。
それもこれも、それぞれのお茶農家さんたちの人柄と熱意だと思う。

お茶作りにかける思いがひとつひとつ届く。

遠きチェコまでも。


TEA MOUNTAIN チェコ プラハ  488 /115 Praha
お茶のカジハラ 熊本県葦北郡芦北町告




# by nobiru-design | 2017-09-04 21:59 | day & day | Comments(2)
芦北 旬の果実のドライフルーツ 田舎工房
熊本県芦北から、また一つおすすめの商品が生まれました。
田舎工房さんの作る「芦北の旬彩 ドライフルーツ」。
d0154268_16320955.jpg

甘夏、不知火(デコポン)、スイートスプリング、レモン、すもも、キウイ、柿


芦北で作られた果物から生まれたドライフルーツです。
芦北の果物をもっと広めたい、そして丹精込めて作った地元生産者の果物を無駄なく生かしたいと生み出されました。
ドライにすると味も香りも濃縮されて、しかも保存も効いて、いろんな食べ方ができます。

d0154268_16233919.jpg
作ったのは田舎工房の濱崎さん。
代々農家として受け継がれてきた、実家のおやつをたくさんの人に食べてもらいたいと、これまで「農家のおやつ」シリーズを作ってこられました。
私たちはご縁あって前の年に田舎工房のロゴを制作。
そして、今回、芦北の旬彩 ドライフルーツのパッケージとリーフレットを作らせていただきました。

d0154268_16374797.jpg
ロゴの色には意味を込めています。
黄色は柑橘。青は海。緑は自然。紫は伝統。





リーフレットには、いろんなレシピを紹介しました。
d0154268_16242556.jpg

d0154268_16241667.jpg

d0154268_16242933.jpg


d0154268_16241474.jpg





吸い込まれそうになる美しい不知火海。
そんな不知火海が見下ろせる高台に濱崎さんの農園はあります。
芦北という場所からいろんな所に思いを乗せて商品が届きますように。

d0154268_16435368.jpg
d0154268_16435621.jpg
d0154268_16440336.jpg


田舎工房の商品は無印良品のネットストアで取り扱われています。  → 無印良品






# by nobiru-design | 2017-05-16 17:07 | branding | Comments(0)
「ほっと みなまちゃ」全国地紅茶サミット in みなまた
みなまたはお茶の産地です。
緑茶はもちろん、みなまたの和紅茶は、優しい美味しい紅茶です。

全国地紅茶サミットが来年、熊本県水俣市で開催されます。
今年はプレイベントとして、秋のローズフェスタと合わせて行われます。
d0154268_15173332.jpg


「みなまちゃ」「みなまちゃ」「みなまちゃ」と10回唱えてください。
もう次からあなたは「みなまた」のことをついつい
「みなまちゃ」と言ってしまいそうになるでしょう。
そうなったら、いいなぁと言う思いも込めての和紅茶ロゴです。

d0154268_15303010.jpg

和紅茶飲み比べや和紅茶&スイーツ列車も登場します。
水俣市内の宿泊施設、飲食店でも和紅茶ウエルカムティーでのおもてなし。

d0154268_15174145.jpg
今年のプレイベント、そして来年の地紅茶サミットで
和紅茶の人気がさらに高まりそうな予感。





# by nobiru-design | 2016-11-03 15:44 | graphic | Comments(0)
ちくしのさんぽ
なんということでしょう〜!すっかりご無沙汰しちゃっています!!

この間、いろんなモノたちが誕生しました。
ちょっとずつお披露目していきたいと思います。
d0154268_10353919.jpg

筑紫野市の観光マップ「ちくしのさんぽ」
これまでも筑紫野市のマップは色々描かせてもらってきましたが、
今回のコンセプトは「ちゃんと歩けるマップ」でした。
当たり前だろうと思われるかもしれませんが、
世間には歩いていけないマップも多々ありまして、、、。
もちろん、車で回る地図にするか、イラスト中心のマップかで
構成がガラリと変わるんですけれど。

マップ作りは想像以上に難しく、制作する時は、必ず歩いて道を確認します。
細く描くか、強調して描くか、描き方一つで変わってきます。
おすすめできる道、散策してほしい箇所を客観的に見て描くようにしています。

d0154268_10354014.jpg
d0154268_10354060.jpg
制作 筑紫野市商工観光課

パンフレットは、筑紫野市商工観光課や公共施設においてます。
どうぞ手にとって、この秋、ちくしのさんぽをしてみてください。






# by nobiru-design | 2016-11-03 10:58 | graphic | Comments(0)
NEW節目箸&ホームページ誕生
熊本頑張れ!!
熊本から新しい商品が誕生しました。
工業製品のデザイナーである船津邦夫さんの開発した節目箸。
山里では放置された山にはびこる竹が深刻な問題になっていて、その竹を使って何かできないかと生まれたのがこの節目箸。竹の特徴である節を生かした製品です。
その製品を販売していくためのパッケージデザインやグラフィックデザインをさせてもらっています。

春に向けて取り組んできたNEW節目箸のパッケージやホームページが完成し、いよいよという時に熊本の震災。
すべてが軌道に乗るには時間が必要ですが、
少しづつ動き出していますので、どうぞ応援してください。

前回までの節目箸についてはこちらを。→http://nobirunote.exblog.jp/21234845/

新しく登場したのは、ドッキングタイプ。
これまでもドッキングタイプはありましたが、パッケージ化して全国展開を図ります。

d0154268_1321166.jpg

穴があるので、お互いにピタッと、ドッキング!

d0154268_13213732.jpg

携帯に抜群。いろんな和柄の箸袋が付いています。

d0154268_13212529.jpg

贈り物には、箱入りで。
人生の節目に、、、どうぞ贈り物を。

d0154268_13213470.jpg

箱は3色ありますので、お好きな色が選べます。


現在、下記でお取り扱いがあります。
アイデアの良さと船津さんの熱い思いとで、あっという間に、箸の有名店に並ぶように。
【東 京】・銀座夏野・日本橋箸長・六本木箸長(東京ミッドタウン・ガレリア3F)・箸ギャラリー門 吉祥寺店
【横 浜】・元町箸長
【名古屋】・箸ギャラリー門 名古屋店(ミッドランドスクエアB1F)
【京 都】・箸ギャラリー門 京都店(新京極)
【熊 本】・鶴屋百貨店(熊本空港店・日赤店)

またホームページから選んでいただいて、購入もできます。
熊本生まれの節目箸。どうぞよろしくお願いします。


d0154268_14171186.jpg

# by nobiru-design | 2016-05-24 13:54 | branding
白水農園の白水いちご
d0154268_15340001.jpg



いちごの最盛期、白水農家の「白水いちご」のロゴが誕生しました。
白水さんは福岡県糸島市でいちご農家をされています。

d0154268_16134366.jpg

最初に白水さんを訪ねたのは1月の寒い日。
広々とした糸島平野の背後には雷山と背振の山々がそびえ、冷たい風が吹いていました。しかし、一歩ハウスの中に入ると、春のような暖かさ。

d0154268_16135064.jpg
d0154268_16134503.jpg

まだ、あまり赤くなっていないよ。と摘んでもらったいちごの甘かったこと!
これまで食べたいちごの中で一番美味しい!と断言できる美味しさでした。
そこにはミツバチがいて、花から花へと飛んでいて、いちごが出来るお手伝いをしているのでした。
d0154268_16134866.jpg

いちごを大切に育てられている白水さんのお話を聞かせてもらって
これは絶対にロゴやパッケージを整えて、もっと広まって欲しいという思い膨らみました。

筆で書いた文字。堂々としていて、どこかいちごの繊細さと可愛さを込めました。
この地で育ったいちごであること、また、世界の人々にも愛されて貰いたいという思いから英語も加えました。
d0154268_16213096.jpg
d0154268_16213305.jpg
《写真は完成間近のパッケージサンプル》

今回は普段店頭には並ばないダンボールのパッケージ。
でも、白水さんの農園からいろんな人の手を経て食べる人まで届く間に、
何人もの人がこのダンボールを見て、はっと!思って欲しい。
このダンボールごと欲しいといってもらえるようなものを作りたいと思いました。

白水さんのいちごは東京でも高い評価を得ているようです。
これから、このロゴとともに、もっとたくさんの人に広がりますように。

それにしても、見た目にも可愛い、そして甘酸っぱくてなんともみずみずしさ。
本当にいちごって人を幸せにしますね。

d0154268_16133994.jpg









# by nobiru-design | 2016-03-11 16:30 | branding | Comments(0)
秋月の養生処
d0154268_15270921.jpg




2016年の秋月養生所のカードを作りました。
朝倉市秋月にある茅葺屋根の日本家屋。
広がる田圃と背景の山とでこれぞ良き日本の風景だなぁ、といつ訪ねても思います。
そこが秋月養生処。

此処は赤ちゃんが生まれる処である春日助産院と
死を見つめ自分の生き方を問い考える信友ムラの2つの拠点です。

生まれることと死んでいくことは繋がっている。
なるだけシンプルに生きたいな。
時々、お話させてもらって、そう感じます。


自然なお産をしたい方や産前産後のいろんな悩みのある方は
春日助産院 http://kasuga-jyosanin.com

今の医療に疑問を感じる方、自分らしく最期を過ごしたいと願っている方には
信友ムラ  http://nobutomo-mura.com




d0154268_17015569.jpg









# by nobiru-design | 2016-01-20 09:40 | illustration | Comments(0)
太宰府のパン屋さん ブーランジェリーカジハラ
 太宰府の人気のパン屋さんといえば『プーランジェリー カジハラ』。
こちらのショップツールを色々と作らせていただきています。

カジハラさんのパンは熱い思いとこだわりがひしひしと感じるパンです。
本場フランスで食べるパンはこのパンなんだろうな!!!と思わせてくれます。
「パンってこんなに美味しかったんだ!」とバケットや食パンなどシンプルなパンほどその違いを感じます。




《1》 お店の案内リーフレット
写真のクレセントは私の一番のオススメです!
外はカリッと!中はしっとり!!そして香りが抜群です!!
d0154268_12091025.jpg





《2》 名刺(左)とショップカード(右)
ショップカードの裏にはメッセージが書けるようになっています。
パンの手土産と共に気持ちものせてください。というカジハラさんの心遣いです。
d0154268_12090877.jpg



《3》最新作がこちらのリーフレット
パンは焼きたてが一番。
家に帰って食べる時、一番美味しい方法、そして保存の方法を書いています。
d0154268_12143375.jpg


d0154268_12143061.jpg








d0154268_12492230.jpg
太宰府市宰都2−5−1 駐車場有
phone 092−986−3075 
営業時間 8:30〜18:00 
定休日 日曜・第3月曜日










# by nobiru-design | 2016-01-17 12:57 | graphic | Comments(0)
みなまたから学ぶ 冊子

d0154268_11255259.jpg


年に一度 水俣芦北地域の教育旅行の冊子を作っています。
今回は表紙を、イラストの描き下ろしでいきました。

水俣といえば、環不知火プランニングの森山さんに連れて行ってもらった時の第一印象からか、この恋路島の見える海と青い空が思い浮かばれます。
もちろんイラストはこの海です。

16ページの冊子には水俣のことがわかりやすく、そして行ってみたくなるような教育旅行を紹介しています。


みなまたから学ぶ〜

 きちんと知ること

 ていねいに生きること

 世界を描くこと


みなまたから学んだこと、ご縁が広がったこと・・・たくさんあり、今の私たちがあるといってもいいくらいです。


水俣を描いたイラストやデザインの発表の場があるような、、、それも楽しみな今年です。



◉パンフレットや教育旅行・視察旅行は 一般社団法人 環不知火プランニング TEL 0966-68-9450






# by nobiru-design | 2016-01-16 11:28 | graphic | Comments(0)
きれい茶の亀齢茶園
2016年。すっかり明けておりますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は夏に事務所を移転したり、
また、ご縁があって新しいことにも取り組んできました。
今年それが形として世にでていくと思います。楽しみです。

新年にあたり、この春 羽ばたいていくものを紹介していきます。



d0154268_11324979.jpg
logo







d0154268_11263940.jpg
天日干し きれい紅茶


熊本県水俣市にある亀齢茶園。
亀嶺高原にある亀齢茶園は、その名のとおり『きれい』という言葉がぴったりの場所にあります。
標高5百メートルという霧深い山の中にあって、澄んだ空気と山の水とで他にはない美味しい茶葉が育つのです。
d0154268_11595681.jpg

今回のデザインをスタートするにあたり、水俣では桜野園坂口園のデザインをこれまでやってきましたので、

水俣茶の全体の知名度を上げることで、結果的に自社ブランドが注目を受ける。
ということを心がけてやりました。

同じ地域といえども、それぞれにお茶へのこだわりが違って、そこに個性があり、面白いところ。
できれば、水俣茶の楽しみ方が深まって欲しいと思っています。

水俣には鶴を象徴とした『湯の鶴温泉』と亀を象徴した『湯の児温泉』があります。
湯の鶴にある坂口園のロゴが鶴をモチーフとしたので、今回は亀齢茶の名前にある亀をモチーフとしました。
お二人とも交流が深く、鶴亀のお茶としてセットで展開していくのも面白いのではと話しています。

きれい紅茶は、今ではとても珍しい天日干しです。太陽の恵みをいっぱい受けて香り高い美味しい紅茶が出来上がります。

緑茶は『玉緑茶』といってくるっと葉っぱが丸まった仕上がりになります。
2種類できました。

d0154268_11264496.jpg
パンフレットもできました。
d0154268_11264611.jpg


d0154268_12365912.jpg


これからこの美味しいお茶がどんどん世に出ていくことを願って、、、。




◼︎亀齢茶園 
熊本県水俣市石坂川  0966−69−0912









# by nobiru-design | 2016-01-15 16:29 | branding | Comments(0)
メリークリスマス2015
d0154268_10161653.gif

メリークリスマス!
幸せいっぱいありますように















# by nobiru-design | 2015-12-25 10:17 | day & day
フエルト 豆ごはん
d0154268_15482375.jpg


d0154268_15484247.jpg



フエルト 豆ごはんのDMができました。
豆ごはんは、福岡県大野城市在住のフエルト作家、山本美穂さんの屋号です。

山本さんは、福岡や山口、京都などいろんなところで展示会をされています。
今回の個展は大分市別府のSPICAさんで11月6日〜はじまります。

このDMの製作のためにいくつかバックをお借りしました。
日常の中にあって、さりげなく存在間を放ってくれるフエルトたち。
持っているとほんわか幸せな気持ちにさせてくれる。
いつもそばに置きたくなるようなバックです。

そんな日常のワンシーンを思い描いて撮影し、DMにしました。


今回は他にも名刺やショップカードもつくりました。
フエルトの魅力をあじわってもらえたら、、、と。

d0154268_16365285.jpg




◉フエルト豆ごはんのブログ「暮らしの中の小さな発見」もどうぞ
◉豆ごはん フエルト展 
SPICAにて 11/6〜14 /別府市立田町1−34
10:00 open-17:00close
# by nobiru-design | 2015-10-16 16:09 | graphic
スイッチ O N
d0154268_12571935.jpg


引っ越ししてきて看板がなかったので、ただいまアイアンで製作中。
鉄工の職人さんにお願いしまして、先日試作品があがってきました。

実はこれ、nobiru designの 最初のふた文字。

そのままだと  NO

ひっくり反すと ON


NOとON。

ひょいとひっくり返せば、一瞬でNOからONに。

人間関係も、仕事も、いろんな関係ごとの中にいて、日々悩んだり落ち込んだり、
でもひょいと動かしてみようという気持ちさえあれば、案外簡単にONになるのかも。



小さなアイアンが教えてくれた昼下がりの午後。
# by nobiru-design | 2015-10-13 15:32 | day & day | Comments(0)
この秋のチラシ&ポスター一挙公開
芸術の秋がやってまいりました。
nobiruでも秋らしく音楽や文化講座などのチラシがつぎつぎ世に出ていってます。

この秋制作したチラシやポスターを一気にご紹介します。

まずはコンサートから。

福岡青年音楽家協会のチラシです。
シリーズで制作しています。季節感をだしながらイラストを描いてます。
ソプラノ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、フルートなどクラシックの方々がずらりと揃います。

d0154268_1639460.jpg


d0154268_1639788.jpg


おなじみ太宰府草の家のコンサートも9回目になりました。
こちらは写真構成です。
今回は、橋口武史さんと池田慎司さんのギターヂュオです。

d0154268_1639235.jpg


そして、こちらは文化講座です。
連歌の世界に遊ぶ。なんと筑紫野文化会館で太宰府天満宮の連歌のお話が聞けるなんて!!こういう垣根をこえた感じがとてもいいなぁ〜。

d0154268_1656976.jpg


そして、女性陣からかわいいかわいい!!と評判をいただいております!!!
ちくしの人形劇まつりのリーフレットです。
毎度かわいいイラストはnobiru のいっこうさん(おじさん)が描いています。
今回はひつじととねこの演目があるのでしょうね(ふふ)

d0154268_16561228.jpg


さて、これを忘れてはなりません。
秋といえば里山まつりです。
今年はビンゴゲームもやりますよ。

d0154268_16561422.jpg



と、一挙に公開しました。
なんて秋はいろいろあるんでしょう!!

他にもいろいろお知らせもしたいこともありますが、それはまたの機会に。

ちゃお!
# by nobiru-design | 2015-10-02 17:06 | graphic | Comments(0)
こいはな
d0154268_11313441.jpg


モチャの東さんと今、新しい商品のパッケージをさせてもらっています。

「ゆきはな」に続く「こいはな」です。
ゆきはなは雪の結晶でした。
こいはなは12ヶ月の花のクリップです。

今回この「こいはな」はの商品開発に関して、東さんは、今、ネット上で注目を集めているクラウドファンディンディングに挑戦されています。

クラウドファンディング MAKUAKE
こいはな

※クラウドファンディングとは、こーゆーこと。なんだそうです。
makuakeによると、、、 ↓
《クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。
サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するMakuake(マクアケ)は、アイデアを持っている勇敢なチャレンジャーを全力で応援します。
あなたのアイデアを是非実現させましょう。》




今パッケージデザインも完成に向かいつつあります。

こいはなでたくさんのご縁ができますように。願いつつ…。

d0154268_11313842.jpg

   秋の菊のクリップ 和のテイスト


d0154268_11314068.jpg

   組み合わせてオブジェにしてもいいね
# by nobiru-design | 2015-09-16 11:52 | package | Comments(0)



www.nobiru-love.com
by nobiru-design
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
nobiru design
◉home ↓click here
nobiru design


カテゴリ
day & day
branding
graphic
package
illustration
photo
web
movie
book
最新の記事
チェコの旅で出会った日本茶は!
at 2017-09-04 21:59
芦北 旬の果実のドライフルー..
at 2017-05-16 17:07
「ほっと みなまちゃ」全国地..
at 2016-11-03 15:44
ちくしのさんぽ
at 2016-11-03 10:58
NEW節目箸&ホームページ誕生
at 2016-05-24 13:54
白水農園の白水いちご
at 2016-03-11 16:30
秋月の養生処
at 2016-01-20 09:40
太宰府のパン屋さん ブーラン..
at 2016-01-17 12:57
みなまたから学ぶ 冊子
at 2016-01-16 11:28
きれい茶の亀齢茶園
at 2016-01-15 16:29
メリークリスマス2015
at 2015-12-25 10:17
フエルト 豆ごはん
at 2015-10-16 16:09
スイッチ O N
at 2015-10-13 15:32
この秋のチラシ&ポスター一挙公開
at 2015-10-02 17:06
こいはな
at 2015-09-16 11:52